不動産投資をする目的

不動産投資

不動産に関するお悩みは、池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターにお任せください。税務や不動産売買のご相談だけでなく、管理会社・物件の紹介、空室対策についてのアドバイスまで可能です。

事前予約があれば、土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応いたしますので、平日にお時間が取れない方も安心してご相談下さい。

★ご相談のご予約は[こちら]からお願いいたします。

 


 

不動産投資の大まかな目的としては利益回収ですが、回収方法にも色々あるのが不動産投資です。例えば長期的な家賃収入で儲ける場合もあれば、売却益で稼ぐ方法もありますし、節税対策として活用することもできます。

不動産投資は目的が異なれば、取る手段は違ってきます。つまり、どうやって稼ぐかを決めて対策を検討する必要があります
 

家賃収入で稼ぐのは王道的なパターンですが、何がベストかは人それぞれです。

この記事では各パターンについて解説いたしますので、参考にしてください。

 

家賃収入を目的とした投資

家賃収入は不動産投資の王道パターンです。

本業として大家さんをするのか、副業としてやるかで変わってきます。
 

(1)収入の足しにしたい

 
本業の収入や老後の年金の足しにするパターンです。

片手間でできる楽な投資方法で、投資家人数が多く人気の方法です。
 

本業ではないため、リスクを減らすのが一般的です。そのため、取得する物件は一棟では無く区分所有で、現金により購入します。

区分所有できるマンションは全国にあります。また一棟であっても、築年数が古く構造が木造や軽量鉄骨等であれば安価で購入できます。(戸建の場合でも同様。)
 

投資家層が多く競争が激化している分野なので、ニーズの高い物件は市場に出るとすぐに無くなることが多いです。

 

(2)本業としてそれなりの収入を得る

 
本業として取り組む場合、それなりの金額を稼がなくてはなりません。

よって、利回りが高く、キャッシュフローの出る物件の獲得が必須です。
 

利回りが高いものとなると、都市の中心では無く郊外に構えている築年数の古い物件となります。また、構造も木造・軽量鉄骨あたりになります。

これらは融資難易度が高く、入居者ニーズも低いので、相応の賃貸経営力が必要になってきます。ハードルが高いので、専門家のサポートを受ける等して運用する方が良いでしょう。
 

キャッシュフローが出る物件とは、家賃とローン返済額や運営経費の比率が良い物件で、全国のRC1棟マンション等が中心になります。

 

売却益狙いの投資

売却益狙いは高度な分析力と先見性が求められるので、初心者が成功するには非常に困難な分野です。

売却益を狙うなら、以下のような物件を狙います。

    再生案件:全室空室の物件や事故物件などを市場の半値程度で購入し、再生してから一般販売する
    転売物件:相続案件や任意売却案件を仕入れ、一時保有するか即一般へ転売

 
何れにせよ、利益の出る物件情報を逐一仕入れることや、売れるかどうかの判断を常に求められるプロの世界です。

 

節税狙いの投資

相続税対策等で、物件を購入するやり方です。
 

不動産は相続税時の評価が購入時より安くなるので、現金よりも相続税が安くなります。

ただし、不動産は持っているだけで税金がかかるので、そのまま賃貸物件として運用するか、売却しないと損をしてしまいます。
 

要するに節税した後のことを考えて、物件を購入しなければなりません。都心物件であれば、ニーズも高く売却するときにも売りやすいでしょう。

 

まとめ

不動産投資には色々な利益獲得方法があるので、どうやって儲けるか目的を立ててから、戦略を組み立てていきます。

また、全てのパターンに共通することですが実際に儲かるかどうかは努力次第です。
 

パフォーマンスを上げることも、リスクの軽減や回避も努力次第で可能となります。

勉強したり、専門家を頼ったり努力を重ねていけば成功確率も上がります。

 


 

確定申告や相続等、不動産に関するお悩みは池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターまでご相談ください。 宅建士資格保有の不動産専門税理士が在籍しており、あらゆる悩みを解決いたします。

不動産管理法人設立のタイミングや節税に関するアドバイス、融資・借入のサポートや物件管理・資産管理、借り換えや買い替え等のご相談にも対応可能です。

まずは電話・メールにて初回相談をご予約ください。

電話:03-3987-5301【受付時間9:00~18:00】
メール:こちらからお願いいたします 【24時間受付】