賃貸マンション経営のメリット

賃貸マンション

不動産に関するお悩みは、池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターにお任せください。税務や不動産売買のご相談だけでなく、管理会社・物件の紹介、空室対策についてのアドバイスまで可能です。

事前予約があれば、土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応いたしますので、平日にお時間が取れない方も安心してご相談下さい。

★ご相談のご予約は[こちら]からお願いいたします。

 


 

賃貸マンション経営」は賃貸アパートと同じく土地活用の代表的手法です。

堅実な経営をすれば、安定した収益を得られる上、税金対策としても使えます。
 

本記事では、賃貸マンション経営におけるメリットをご紹介いたします。

土地活用や不動産投資を考えている方は参考にしてください。
 

※過去に賃貸アパート経営についても説明していますので、こちらもご覧ください。

 

賃貸マンション経営のメリット

(1)長期の定期収入が見込める

 
マンション経営を行えば、定期的に家賃収入を確保できます

本業として取り組んでも構いませんし、本業をしながらでも取り組めます。
 

マンションはアパートと比較すると耐用年数が長く、長期運用向きです。

そのため、老後資金の確保手段としても人気です。
 

経営にあたっては物件の購入費用が発生しますが、ローンを家賃収入で賄うことも可能なので、まとまった初期費用を必要としません。

 

(2)資産価値がある

 
マンションはそれ自体が収入を生む資産です。

また、RC造やSRC造で建てられた場合、買い手側のローンの状況も含めて将来の売却もしやすいと言えます。

 

(3)インフレや景気変動に強い

 
インフレが起こった場合、現金の価値は下がりますが、マンションの家賃は物価の上昇と連動するので、インフレ影響を受けにくいと言えます。

また、住居は生活に欠かせないものなので、不況下でも大幅な需要低下が起こりにくいとも言えます。

 

(4)節税効果が得られることも

 
マンション経営には固定資産税や相続税、さらに所得税まで、さまざまな優遇措置が受けられます

まず家賃収入は事業所得にあたるので、諸費用を経費として所得から控除できます。

また、減価償却で建物部分の取得費用も経費にでき、毎年の所得からも差し引けるようになっています。

会社員の方の場合は、損益通算できるため、収支が赤字の場合は、給与所得の課税を少なくなることも可能です。

また、賃貸マンションは相続の際の相続税評価額をかなり下げることができるので、相続税を抑える手段としても有効です。(住宅よりも賃貸の方が相続税評価額は安くなります。)

 

まとめ

マンション経営は多くのメリットがあります。

「副業的な収入」「老後の資産確保」や、「税金対策」等々、様々なケースに使えます。
 

ただし、アパート経営同様、デメリットもあることに十分注意してください。

マンション経営は土地や建物費用がアパートよりもかかるので、ローン返済も長期になります。

要するに、ズボラな経営ではなく堅実な経営が求められるので、必要な対策を講じていないと逆に損をすることになるのです。
 

次回は賃貸マンション経営に関するデメリットと、リスク最小化の方法について説明いたしますので、そちらも是非一読ください。

 


 

確定申告や相続等、不動産に関するお悩みは池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターまでご相談ください。 宅建士資格保有の不動産専門税理士が在籍しており、あらゆる悩みを解決いたします。

不動産管理法人設立のタイミングや節税に関するアドバイス、融資・借入のサポートや物件管理・資産管理、借り換えや買い替え等のご相談にも対応可能です。

まずは電話・メールにて初回相談をご予約ください。

電話:03-3987-5301【受付時間9:00~18:00】
メール:こちらからお願いいたします 【24時間受付】