賃貸アパート経営のメリット

アパート経営のメリット

不動産に関するお悩みは、池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターにお任せください。税務や不動産売買のご相談だけでなく、管理会社・物件の紹介、空室対策についてのアドバイスまで可能です。

事前予約があれば、土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応いたしますので、平日にお時間が取れない方も安心してご相談下さい。

★ご相談のご予約は[こちら]からお願いいたします。

 


 

土地活用として代表的な方法と言える「賃貸アパート経営」。

節税対策として有効な上、長期的に堅実な経営ができれば、多額の不動産所得を得ることもできます。
 

今回の記事では、賃貸アパート経営に関するメリットを説明いたします。

不動産の土地活用について検討されている方は是非ご参考にしてください。

 

賃貸アパート経営のメリット

(1)長期的な収入が見込める

 
賃貸アパート経営最大のメリットは、継続的に家賃収入が得られることです。
 

ローンを組んでいる場合は収入をローンの返済に、返済後は収入の大半が収益となります。

老後の私的年金にしたり、資産活用のステップにもできます。

 

(2)不労所得が得られる

 
賃貸アパートは管理会社に委託すれば手間をかけずに家賃収入=不労所得が得られます
 

誰しもいつ病気や事故で働けなくなるかわかりません。

不労所得があれば、そのような状況になっても困窮しなくなり、生活の維持ができます。

 

(3)節税になる

 
土地は持っているだけで固定資産税や都市計画税が発生します。

しかし、アパートを建てることによって、固定資産税や都市計画税を安く抑えられます
 

また、相続税の対策にも、賃貸アパートの活用は有効です。

現金を賃貸アパートの建築や購入にあてるだけで、大幅な減税が見込めます。

 

そして、経営にかかった費用は、現在の所得との通算も可能です。

経営初期は、経費の支払いが多く帳簿上は赤字になることが多いですが、その赤字分は給与所得との損益通算が可能なため、短期的に所得税や住民税を抑えられます。

 

(4)生命保険の代わりに

 
物件購入時に利用するローンで団体信用生命保険に加入しておけば、もし契約者が亡くなっても、以降のローン返済が免除されます。

その上、遺族の元に物件と土地が残り、引き続き家賃収入が得られます。
 

要するに賃貸アパートを生命保険として活用することが可能ということです。

 

(5)経済変動に強い

 
アパートは物なので、物価が上がれば上昇傾向に向かいます。

そのため、価値が相対的に下がる現金よりもインフレに強い=経済変動の影響を受けにくいと言えます。
 

また、金融投資商品のように、突然価値が半減するリスクもありません。

 

まとめ

アパート経営は多くのメリットがあります。

「老後の資産活用の一環」として、「相続税対策」として等々、様々なケースに活用が可能です。
 

ただし、同時にデメリットもあることに注意が必要です。

アパート経営は長期に渡って堅実な運用が求められるので、必要な対策を講じてリスクを最小化しておくことが不可欠です。
 

次回は賃貸アパート経営に関するデメリットと、リスク最小化の方法について説明いたしますので、そちらも是非一読ください。

 


 

確定申告や相続等、不動産に関するお悩みは池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターまでご相談ください。 宅建士資格保有の不動産専門税理士が在籍しており、あらゆる悩みを解決いたします。

不動産管理法人設立のタイミングや節税に関するアドバイス、融資・借入のサポートや物件管理・資産管理、借り換えや買い替え等のご相談にも対応可能です。

まずは電話・メールにて初回相談をご予約ください。

電話:03-3987-5301【受付時間9:00~18:00】
メール:こちらからお願いいたします 【24時間受付】