不動産経営における赤字について

不動産に関するお悩みは、池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターにお任せください。税務や不動産売買のご相談だけでなく、管理会社・物件の紹介、空室対策についてのアドバイスまで可能です。

事前予約があれば、土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応いたしますので、平日にお時間が取れない方も安心してご相談下さい。

★ご相談のご予約は[こちら]からお願いいたします。

 


 

赤字と聞けばどうしても悪いイメージが付きまといますが、全ての赤字が悪いわけではなく、「実は儲かっている」「節税となっている」場合もあります。つまり、良い赤字もあるということです。

良い赤字と悪い赤字は不動産経営においても、同様にあります。

この記事では、不動産経営における赤字がどんな状態であるか、「良い赤字」と「悪い赤字」の違いについても解説いたします。

 

赤字とはどんな状態か

一般的に赤字とは支出が収入を上回っている状態です。

収入>支出なので赤字が続けば、資金が減り続け、やがては事業が倒産してしまう恐れもあります。

不動産経営においても「家賃収入−支出(経費)=家賃所得」の金額がマイナスであれば赤字となりますが、全ての赤字が悪いとも言い切れません

 

不動産経営における良い赤字

(1)帳簿上では赤字だが実際は黒字のパターン

 
帳簿上では赤字でも、実際のキャッシュフローは黒字で回っている場合があります

何故なら、建物には時間の経過とともに下がる資産価値を経費計上できる「減価償却費」があるからです。この減価償却費は実際に支出をせず、帳簿上だけでの計上となるため、大きな節税効果を生みます。

例えば、家賃収入が200万円で、管理費や固定資産税にかかった経費の合計が170万円と仮定します。ここで減価償却費が50万円なら、帳簿上の経費は170+50=220万円で、トータルで20万円の赤字になります。

この20万円の赤字は給与所得などの他の所得と通算できるので、赤字分だけ所得税や住民税を低くできます。

実際は、200万円-170万円=30万円で儲けがあるにもかかわらず、帳簿上で赤字となり、他の所得を節税できるのです。よって、この場合は良い赤字となります。

 

(2)貯蓄よりも効果的に物件が取得できるパターン

 
これはローン返済による赤字が良い赤字となるパターンです。

例えば、毎月1万円の赤字が出るキャッシュフローの物件を1,500万円の20年ローンで購入した場合、単純計算で20年後には1万円×12×20=240万円の赤字を抱えて物件を取得します。

一方で、コツコツと貯蓄をして20年後に物件を購入する場合、年間で75万円、1ヶ月で6.25万円必要になります。もし、目標額が貯金できない場合、物件取得に20年以上の期間がかかることになります。

これは言い変えれば、240万円の赤字で20年で物件が取得できる場合と、20年以上の期間がかかる可能性があり1,500万円を貯めなければならない場合を比べた時、後者の方が得ですよねということです。

 

不動産経営における悪い赤字

悪い赤字とは、原因が「空室が続いて家賃収入自体が減少した」、「設備の不具合が続いて経費が予想以上に高くついた」、だった場合の赤字です。

利益を得られないまま、費用だけがかかり続けてしまうのであれば、いずれ事業を続けられなくなってしまいます

また、収益の低い物件は価値が下がるケースが多いので、金融機関からの担保評価が低くなったり、売却の際に買い手が付かなくなる可能性が高くなります。

 

まとめ

不動産経営では、全ての赤字が悪いというわけではありません。

時には赤字を利用した節税によって、利益を得るということもできるのです。このようなテクニックを意識すれば、より経営の成功率も上がるでしょう。

ただし、節税にばかり気を取られていると、収益が落ちこみ、悪い赤字へ転向してしまう恐れもあります。収益を上げることも意識して経営に取り組んでください。

 


 

確定申告や相続等、不動産に関するお悩みは池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターまでご相談ください。 宅建士資格保有の不動産専門税理士が在籍しており、あらゆる悩みを解決いたします。

不動産管理法人設立のタイミングや節税に関するアドバイス、融資・借入のサポートや物件管理・資産管理、借り換えや買い替え等のご相談にも対応可能です。

まずは電話・メールにて初回相談をご予約ください。

電話:03-3987-5301【受付時間9:00~18:00】
メール:こちらからお願いいたします 【24時間受付】