駐車場経営の仕組み

駐車場経営

不動産に関するお悩みは、池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターにお任せください。税務や不動産売買のご相談だけでなく、管理会社・物件の紹介、空室対策についてのアドバイスまで可能です。

事前予約があれば、土日祝祭日や夜間の時間帯でも対応いたしますので、平日にお時間が取れない方も安心してご相談下さい。

★ご相談のご予約は[こちら]からお願いいたします。

 


 

駐車場経営は土地活用の一つです。

アパート経営などとは異なり、建物を有する必要がないので、初期費用を安く抑えることができます。また面積が狭い土地でも始められるので、お手軽な土地活用とも言えます。

このコラムでは、駐車場経営の仕組みについて説明いたします。

 

月極かコインパーキングか

駐車場の種類は、利用者と一定期間の契約を交わす「月極」と貸出時間に応じて料金を請求する「コインパーキング」の二つになります。

それぞれの需要は立地によって異なってくるので、どちらの方法で行くかは初期費用や収益性を考えて検討します。
 

(1)月極

 
現地に何台駐車場を確保できるか、契約者を確保できるかによって収益が変わります。

コインパーキングよりも収益性は劣りますが、土地の整備費用が安く済む利点があります。また、利用者との契約が終了すればいつでも辞められる手軽さもあります。

 

(2)コインパーキング

 
駐車台数と、1日の車の出入り数によって収益が変わります。

収益性は月極より高いですが、敷地の舗装や機械の導入等の整備費用が多くかかってしまいます。

 

経営方法

駐車場の経営方法には、一括借り上げ方式管理委託方式自営式の三つがあります。
 

(1)一括借り上げ方式

 
経営の全てを運営会社が行う方法で、いわゆるサブリースです。

運営会社に土地を一括して借り上げてもらい、使用料として一定の地代を土地所有者が得ます。

アパート経営などのサブリースは何かと制限が多いですが、それと比較すると制限は少なめです。

 

(2)管理委託方式

 
契約者の募集や土地管理等、実際の運営を管理会社に委託する方法です。

土地所有者は運営開始前の土地整備や機械設置のみを行います。

 

(3)自営

 
土地所有者が、経営と運営すべてを行う方法です。

収益性は最も高いですが、利用者の募集や不正利用の監視などを自分で行わなければならないので相当の手間がかかります。

 

まとめ

駐車場経営は賃貸アパートやマンションと比較すると、少額の費用で始められ、業態切り替えも簡易であることが大きなポイントです。

不要な土地を持っている場合は、土地活用の一つとして検討してみてください。

 


 

確定申告や相続等、不動産に関するお悩みは池袋駅より徒歩5分の東京不動産税務相談センターまでご相談ください。 宅建士資格保有の不動産専門税理士が在籍しており、あらゆる悩みを解決いたします。

不動産管理法人設立のタイミングや節税に関するアドバイス、融資・借入のサポートや物件管理・資産管理、借り換えや買い替え等のご相談にも対応可能です。

まずは電話・メールにて初回相談をご予約ください。

電話:03-3987-5301【受付時間9:00~18:00】
メール:こちらからお願いいたします 【24時間受付】